【株式】マレーシア証券取引所は初期の貿易で下降トレンドを拡大

マレーシア株式関連ニュース

市場は全体的に弱気

クアラルンプール、12月23日—マレーシア証券取引所は昨日の下降トレンドを継続。Covid-19の発症による懸念と石油価格の下落により、市場心理が弱気になっている模様。午前9時7分、ベンチマークのFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、今朝の1,631.55で0.63ポイント下落した後、2.67ポイント下落して1,629.25となりました。

楽天トレードSdnBhdの調査責任者、ケニー・イー・シェン・ピン氏は、マイナーな修正が続くため、地域市場はまちまちになる可能性が高いと述べた。

「現地では、FBM KLCIが今日1,620レベルを試す可能性があると考えています。その後、ベンチマークインデックスは、過去1週間で約50ポイントを失った下降トレンドを逆転させる可能性があります。同氏は「地元の証券取引所がすぐに回復すると予想しているため、買い時であると投資家に助言し続けている」と述べた。

Yeeは、1株あたりRM1.30でのFGVの強制買収のニュースは、投資家の取引意欲に影響を与えるかもしれないとのこと。

銘柄別では、maybankは4senをRM8.36に、Top Gloveは1senをRM6.68に、Hartalegaは2senをRM12.58に下げました。一方、Public Bank、Tenaga、Petronas Chemicals、IHH Healthcareは、それぞれRM20.46、RM10.58、RM7.41、RM5.65で横ばいでした。FGVは、無条件の強制買収提案を受け9セン上昇してRM1.27になりました。

他のアクティブ企業であるKonsortiumとSapuraEnergyは、それぞれ14.5senと12.5senで横ばいでしたが、Fintecは半senから9.5senに落ち込みました。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは21.96ポイント低下して11,687.5、FBMT 100インデックスは14.74ポイント低下して11,466.96、FBM Emas Shariahインデックスは14.16ポイント低下して13,167.18、FBM 70は3.4ポイント低下して14,904.38、FBMACEは35.14ポイント下落して10,442.06になりました。

一方、工業製品・サービス指数は0.36ポイント下落して172.13、金融サービス指数は60.67ポイント下落して15,088.77、プランテーション指数は15.77ポイント下落して7,297.22となった。

記事に出てきた会社

Hartalega
IHH Healthcare
Maybank
Petronas Chemicals
Public Bank
SapuraEnergy
Tenaga
Top Glove
Yee

コメント

タイトルとURLをコピーしました