【会社情報】CIMB GROUP HOLDINGS BHD 联昌国际(1023)

マレーシア会社情報

セクター分類

金融サービス

直近の成績

20年度グループは調整後PBTをRM1,364.3百万、前年比70.6%減少させました(子会社、JV、および関連会社の処分による純利益を除く)。調整後PBTの減少は、主に貸倒引当金の増加(+ 283.3%または+ RM2,925.1百万)によるものであり、9M19の正味償却額RM7.6百万と比較して、20年度の純その他の減損損失はRM583.9百万であった。

調整後の利息以外の収益(-17.6%または-RM585.2百万、子会社、合弁会社および関連会社の処分による純利益を除く)およびイスラム銀行収益の減少(-6.9%または-RM157.1百万)、OH費用の減少により一部相殺(-10.0%または-RM734.6百万)、より高い純利息収入(RM224.1百万の修正損失を差し引いた後+ 2.6%または+ RM193.9百万)および合弁会社および関連会社からの利益のより高いシェア(+ 170.6%または+ RM51.0 m)。貸出金の減損の増加は、主に、Covid-19のパンデミックの影響を見越して行われた引当金および貸出金の回収率の低下に一部起因する、予想信用損失の増加によるものでした。その他の正味減損損失は、主に債務証書およびコミットメントおよび偶発事象の予想信用損失によるものでした。

調整後の利息以外の収益の減少は、主に、投資利益の大幅な減少、手数料収入の減少、および貸付金、前払金、資金調達の処分による利益の欠如によるものでしたが、為替差益の増加により一部相殺されました。OH費用の減少は、主に9M19のようにRM348.9百万の変革イニシアチブ費用がないことによる人件費の減少、管理および一般費用の減少、マーケティング費用の減少によるものでしたが、設立費用の増加により一部相殺されました。

イスラム銀行収益を差し引いた純受取利息の増加は、主に、1月のオーバーナイトポリシーレート(OPR)の0.25%引き下げの悪影響の結果として、修正損失およびNIMの減少にもかかわらず、総貸付金が1.6%増加したことによるものです。

20年3月にさらに0.25%、20年5月に0.50%、20年7月にさらに0.25%。20年度調整後EPSは9.87センでした。CIMBは現在、ROEを12〜13%に引き上げ、2023年までにコスト対収益率を45%に引き下げるなどの目標を掲げた、新しいForward23の5年間の戦略的成長計画の下で、変革的な成長段階にあります。

20年度は、Covid-19のパンデミック、および封鎖と移動制限によって引き起こされた重大な経済的混乱によって悪影響を受ける。経営陣は、一桁台前半のローンの伸びが低いというガイダンスを維持しています。NIMは20年度に10〜15 bps減少し、20年度はRM500 mまたは5%のコスト削減になりましたが、クレジットコストガイダンスを20年度には140〜150 bpsに修正し、21年度も引き続き引き上げています。

CIMBが提供するターゲットアシスタンスプログラムとCMCO後の再構築/再スケジュールされたローンは、グループのマレーシアローン全体の9.8%を占めました。CIMBは、20年第4四半期のクレジットコストが前四半期比で低くなると予想しています。ローンの伸びは引き続き抑制されると予想されますが、最近のOPR削減後の預金の値下げにより、NIMは改善するでしょう。利息以外の収益は引き続き変動します。

OHの費用は、19年第3四半期にITおよび銀行業務に積極的に投資し、変革イニシアチブの費用がなくなると想定した後、低くなる可能性があります。20年度の残りの期間、与信費用は低くなる可能性があります。全体として、20年度のEPS予想は15.0センを維持しています。グループのマレーシアの総融資額の8%。CIMBは、20年第4四半期のクレジットコストが前四半期比で低くなると予想しています。ローンの伸びは引き続き抑制されると予想されますが、最近のOPR削減後の預金の値下げにより、NIMは改善するでしょう。利息以外の収益は引き続き変動します。

OHの費用は、19年第3四半期にITおよび銀行業務に積極的に投資し、変革イニシアチブの費用がなくなると想定した後、低くなる可能性があります。与信費用は、20年度の残りの期間は低くなる可能性があります。全体として、20年度のEPS予想は15.0センを維持しています。グループのマレーシアの総融資額の8%。CIMBは、20年第4四半期のクレジットコストが前四半期比で低くなると予想しています。ローンの伸びは引き続き抑制されると予想されますが、最近のOPR削減後の預金の値下げにより、NIMは改善するでしょう。利息以外の収益は引き続き変動します。

OHの費用は、19年第3四半期にITおよび銀行業務に積極的に投資し、変革イニシアチブの費用がなくなると想定した後、低くなる可能性があります。与信費用は、20年度の残りの期間は低くなる可能性があります。全体として、20年度のEPS予測は15.0センを維持しています。OHの費用は、19年第3四半期にITおよび銀行業務に積極的に投資し、変革イニシアチブの費用がなくなると想定した後、低くなる可能性があります。20年度の残りの期間、与信費用は低くなる可能性があります。

全体として、20年度のEPS予想は15.0センを維持しています。OHの費用は、19年第3四半期にITおよび銀行業務に積極的に投資し、変革イニシアチブの費用がなくなると想定した後、低くなる可能性があります。与信費用は、20年度の残りの期間は低くなる可能性があります。全体として、20年度のEPS予測は15.0センを維持しています。

20年9月30日現在、グループの減損貸出金比率は3.38%であり、9M19末の3.15%から上昇しました。一方、減損引当金の補償範囲は93.8%に上昇しました。同日、総自己資本比率および普通株式等Tier-1(CET1)比率は、それぞれ16.6%および12.9%でした。これは、バーゼルIIIの要件と比較して適切と見なすことができます。

統計

チャート

レーティング(3星中)
収益の安定性
財務力★★
経営力★★
収益の成長★★
EPS
(1株当たり予測利益)
DPS
(1株当たり配当金)
予想PER配当利回り (%)
15.00 sen12.00 sen27.932.86
価格情報(RM)収益情報(Sen)配当情報(Sen)
直近12か月価格範囲(RM)2.90 – 5.29年平均EPS42.05過去5年平均DPS20.58
過去5年価格範囲(RM)2.90 – 7.39前年度EPS46.972019年DPS26.00
最新会計年度EPS43.412020年DPS12.00
次年度EPS予測15.00
時価総額パフォーマンス情報
過去5年平均15.36過去5年平均ROE8.58
過去5年PER範囲9.38 – 35.27最新ROE8.08
最新PER9.655年間の平均価格上昇率(%)-1.49
予想PER27.935年間の平均DPS成長率(%)5.16
過去5年平均当利回り(%)4.055年間の平均EPS成長率(%)4.09
過去5年当利回り範囲(%)2.27 – 5.54直近の負債/資本比率non
19年配当利回り(%)6.21
20 年配当利回り(%)2.86

概要

資産に関しては、CIMB Group Holdings Bhd(CIMB)は、マレーシアで2番目に大きい銀行グループであり、東南アジアで5番目に大きい銀行グループであり、20年9月30日現在の総資産は6,005億リンギです。CIMBは、ASEANの投資銀行業務および一般的なイスラム銀行業務における主導的地位で知られています。

CIMBは、1990年代から多くの変化と発展を遂げてきました。Bank of Commerce Bhd(BOC)として知られていたことから、United Asian Bankとの合併後、1991年にCommerce Asset Holding Berhad(C​​AHB)に改名され、2005年にBumiputra-Commerce Holdings Bhd(Commerz)に改名されました。 CIMB BerhadによるBCBグループの買収。2009年に現在の名前が付けられました。このグループは、Commerce International Merchant Bankers、Bumiputraの3者間合併が完了し、ユニバーサルバンキンググループとして誕生した後、2006年に現在の形態になりました。コメルツ銀行とサザンバンクベルハッド。

2006年にユニバーサルバンキンググループになって以来、CIMBは成長を続けています。2008年には、カザナからBank Lippoの51%の株式を取得し、子会社のBankNiagaをBankLippoと合併して、インドネシアで6番目に大きな銀行を設立しました。さらなる買収と最近の株主への種内配当に続き、グループは現在、拡大されたPT Bank CIMB Niaga Tbkの92.5%の株式を保有しています。2008年には、グループはBankThaiの42.1%も取得しましたが、これは後に94.8%に増加しました。

2009年4月、CIMB銀行は、2017年12月19日に処分された中国営口銀行の20.0%の株式を取得しました。2009年11月、グループはベトナムのCIMB Vinashin Securities LLCの6.6%の株式持分をサブスクライブし、その株式を40%に増やすオプションを提供しました。カンボジアで銀行サービスを提供することの承認に続いて、このグループは現在、カンボジアに13の支店を持っています。

CIMB Thai-Vientiane支店の開設により、グループはラオスに設立されました。2018年3月12日に最初のデジタルリテールバンキング事業を開始したことにより、グループはフィリピンでの存在感を確立しました。したがって、このグループは現在、702を超える小売店を運営しているASEAN10か国すべてに存在しています。

ASEAN諸国に加えて、グループは香港、上海、ロンドン、ニューヨークにも代表を置いています。オーストラリア、中国、香港、台湾での厳選された現金株式事業の買収に続き、ロイヤルバンクオブザロイヤルバンクのオーストラリア、中国、香港、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾での株式資本市場事業とM&Aコーポレートファイナンス事業2012-13年のアジア太平洋地域のスコットランド、2013年3月と4月にそれぞれ韓国の株式仲介ライセンスとインド(ムンバイ)の株式仲買ライセンスを取得した後、CIMBは15か国で事業を展開するアジア太平洋(日本を除く)で最大の投資銀行として浮上しました。CIMBはまた、ロンドンとニューヨークに株式販売チームを持っています。

株主(2020年5月1日現在)

Khazanah Nasional Berhad 23.77%
従業員プロビデントファンド 13.32%
退職基金(法人) 5.96%

会社情報

住所:Level 13, Menara CIMB Jalan Stesen Sentral 2, Kuala Lumpur Sentral 50470 Kuala Lumpur

電話 : 03-22610085 Fax : 03-22610099 Email :

Website  

経営陣

CHAIRMAN : Datuk Mohd Nasir Ahmad
CEO : Tengku Dato’ Zafrul Tengku Abdul Aziz

決算発表日

2月末日、5月末日、8月末日、11月末日

コメント

タイトルとURLをコピーしました