【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所のKLCIは終値でより高い

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、12月28日—マレーシア証券取引所の主要指数は、本日の取引終了に向けて上昇を抑えましたが、メイバンクとCIMBが主導する銀行株に支えられ、プラスの領域にとどまりました。

ベンチマークのFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、1日を通して1,639.92から1,655.96の間を移動した後、2.73ポイント上昇して1,643.9で終了しました。

木曜日の終値の1,641.17と比較して、1.06ポイント高い1,642.23で取引を開始しました。市場はクリスマスのために金曜日に閉鎖されました。

全体的な市場の幅はプラスで、値上がり者は敗者701から549を上回りましたが、407のカウンターは変わらず、471は取引されておらず、他の17は停止されました。

総量は木曜日の67億3000万ユニットの28億4000万リンギから39億1000万リンギの87億1000万ユニットに急増した。

メイバンクは10センをRM8.54に、CIMBは11センをRM4.30に拡大し、MISCとパブリックバンクはそれぞれ22センをRM6.72とRM20.78に引き上げました。IHHヘルスケアはRM5.72に6センを追加し、ホンリョンファイナンシャルグループはRM18.02に41セン上昇しました。

一方、TNBとHartalegaは両方ともそれぞれ12センをRM10.58とRM12.46にトリミングし、Petronas Chemicalsは1センをRM7.49に、Top Gloveは23センをRM6.26に、Sime DarbyPlantationは3センをRM5.15に緩和しました。

アクティブなものとしては、ATSystematizationとKangerInternationalがそれぞれ1.5センから20センと14.5センに上昇し、Iris Corpが3.5センから44センに上昇し、Melewar Industrialが25センから58.5センに上昇し、Land&Generalが1センから12.5センに上昇しました。 Fintecは1センから8センに落ちました。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは37.09ポイント高く11,848.01で、FBMT 100インデックスは30.72ポイント上昇して11,600.65になり、FBM 70は84.95ポイント上昇して15,197.49になり、FBM EmasShariahインデックスは27.43ポイント低下して13,255.75になりました。

工業製品およびサービス指数は1.26ポイント上昇して177.15になり、プランテーション指数は13.73ポイント上昇して7,431.01になり、金融サービス指数は167.92ポイント上昇して15,428.29になりました。

メインマーケットの出来高は、先週の木曜日の20億7000万リンギ相当の35.9億株から27億8000万リンギ相当の44.8億株に増加した。

ワラントの売上高は、先週のRM6,272万に相当する4億3,7.99万ユニットから、RM7,513万に相当する4億7,708万ユニットとわずかに高かった。

ACE Marketの出来高は、以前の27億株のRM704.94百万から、RM10.4億に相当する37.5億株に増加しました。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される6億2,700万株、工業製品およびサービス(18.3億)、建設(3億1,857万)、技術(2億3,363万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(6,336万)、不動産( 5億6,153万)、プランテーション(1億6,092万)、REIT(725万)、閉鎖/資金(51,000)、エネルギー(3億2,246万)、ヘルスケア(5,824万)、通信およびメディア(7,179万)、輸送およびロジスティクス(1億9,146万) 、およびユーティリティ(3,909万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました