【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所は下落

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、12月29日—マレーシア証券取引所は本日、Covid-19ワクチンの展開の中で、インデックスにリンクされたグローブメーカーによって主要インデックスが圧迫されて下落しました。

ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、1日を通して1,630.83から1,645.76の間を移動した後、8.91ポイント下落して1,634.99で終了しました。

指数は、昨日の終値1,643.90と比較して、0.47ポイント高い1,644.37で取引を開始しました。

総量は、昨日の87.1億リンギの39億1000万リンギから、91.7億リンギの42.2億リンギに増加した。

グローブメーカーのトップグローブは25センをRM6.01にトリミングし、ハルタレガは52センをRM11.94に落とし、スーパーマックスは33センをRM6.06に下げました。

その他のヘビーウェイトについては、メイバンクが4セン増のRM8.58、IHHヘルスケアが2セン増のRM5.74、CIMB増の5セン増のRM4.35、TNBが横ばいのRM10.58、パブリックバンクが8セン減のRM20.70でした。 、ホンリョン銀行は12センをRM18.48に下げ、マクシスは2センをRM5.05に下げました。

アクティブなものの中で、Techna-Xは3センから17センに上昇し、Mestronはハーフセンから22センに上昇し、Yong Taiは5センから32.5センに上昇し、Puncak Niagaは7.5センから47.5センに上昇し、サラワクケーブルは17.5センに急上昇しました。 IrisCorpとATSystematizationは、それぞれ半センを43.5センと19.5センに下げました。

インデックスボードでは、FBM 70は26.44ポイント上昇して15,223.93になり、FBM Emasインデックスは41.32ポイント低下して11,806.69になり、FBMT 100インデックスは41.99ポイント低下して11,558.66になり、FBM EmasShariahインデックスは77.21ポイント低下して13,178.54になりました。

工業製品およびサービス指数は1.10ポイント低下して176.05になり、プランテーション指数は36.88ポイント低下して7,394.13になりましたが、金融サービス指数は25.12ポイント上昇して15,453.41になりました。

メインマーケットの出来高は、月曜日の44.8億株の27億8000万リンギから33.5億リンギの60.6億株に増加した。

ワラントの売上高は、昨日の7,513万リンギットの4億7,708万ユニットから、7,088万リンギットの4,325万ユニットとわずかに減少しました。

ACE Marketの出来高は、昨日の37.5億株からRM802.94百万に相当する26.7億株に減少しました。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される5億7,477万株、工業製品およびサービス(20億)、建設(7億7,545万)、技術(2億5,867万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(5,460万)、不動産( 8億3,851万人)、プランテーション(9,597万人)、REIT(1,041万人)、閉鎖/資金(19,100人)、エネルギー(7億9,910万人)、ヘルスケア(9,095万人)、通信およびメディア(6,640万人)、輸送およびロジスティクス(4億2,951万人) 、およびユーティリティ(5,926万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました