【マレーシア株式ニュース】2021年のマレーシア証券取引所は初取引は慎重動き。

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月2日—新年初取引となった2021年の株式市場は、投資家が新たな市場の材料を求めているために慎重なムードとなった。

OANDAのシニアマーケットアナリスト、ジェフリー・ハリー氏はCovid-19が、マレーシア証券取引所のセンチメントを引き続き圧迫しており、年末年始に著しい改善が見られない限り、来週もそうなる可能性が高いと述べた。

彼は、FTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)が潜在的に1,620に下落すると、上値は1,660に制限されると予想している。投資家が新年に仕事に復帰することで、価値のある買い手が現れたとしても、市場のセンチメントが改善しずらいとハレー氏は付け加えた。

「来週の市場を牽引する主な要因は、水曜日(マレーシア時間)の米国でのジョージア上院選挙です。民主党による意外な勝利は、世界の株式による急激な後退を引き起こす可能性があります。とし、もし米国共和党が水曜日(マレーシア時間)の米国上院選挙でジョージア州を獲得した場合、株式市場は回復し、マレーシア証券取引所も上昇するはず。」とハリー氏は語り、そうなった場合1月に1,700レベルを破るはずだと付け加えた。

月の後半に1,700レベルは、試される可能性が高くなると予想している。

「しかし、その影響は一時的なものであり、マレーシアの株式は、国内でのCovid-19の状況がそれほど悪化しないことを前提として、1月の第2週に本格的に再開することを期待しています。大規模な封鎖は活発な取引を遅らせるだろう」と語った。

木曜日、米国税関国境警備局(CBP)が製造工程での強制労働の申し立てを理由に製品の禁止を課したため、Sime DarbyPlantationを含む大物での継続的な販売活動によって主要指数が圧迫されました。

Sime Darby Plantationは18センを失ってRM4.99になり、PlantationIndexは109.97ポイントを7,302.84に減らしました。

木曜日から、ベンチマークFBM KLCIは、先週の1,641.17から13.96ポイント減少して1,627.21になりました。

スコアボードでは、FBM 70が30.3ポイント上昇して15,142.84になり、FBM ACEインデックスが77.39ポイント上昇して10,734.69になり、FBM Emasインデックスが48.99ポイント低下して11,761.93になり、FBMT 100インデックスが67.94ポイント低下して11,501.99になり、FBM EmasShariahインデックスが低下しました。 124.03は13,159.15を指します。

セクター別では、プランテーション指数は114.44ポイント減少して7,302.84になり、工業製品およびサービス指数は2.22ポイント増加して178.11になり、金融サービス指数は56.18ポイント増加して15,316.55となった。

エネルギー指数は16.92ポイント上昇して896.39になり、ヘルスケア指数は3,571.55で100.81ポイントを放棄し、テクノロジー指数は2.31ポイント上昇して69.72となった。

毎週の売上高は、先週のRM140億5000万に相当する289.9億ユニットから、RM148.8億に相当する312.0億ユニットに急増した。

メインマーケットの出来高は、以前の107億リンギの172億6000万株から125億リンギの187億6000万株に増加したが、ワラントの売上高は前週の78億5000万リンギから2億6,498万リンギに相当する16億1000万ユニットに急減した。ACE Marketの出来高は、以前の29億9000万リンギの95.2億株から、31.1億リンギの108億3000万株に増加した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました