【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所は、投資家のセンチメント改善せず

マレーシア株式関連ニュース

クアラルンプール、1月4日—マレーシア証券取引所は、ゴム手袋での大量販売により主要指数が1,600レベルを上回って維持するの、午後になって下落を続しました。

全体的な市場の幅はマイナスのままで、FTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は20.19ポイント下落して1,607.02になりました。数量は54.2億ユニットで、43.6億リンギに相当します。

今年の第1四半期までに配布の準備が整う予定のCovid-19ワクチンの前向きな進展により、投資家はゴム手袋の在庫を減らすようにとしている。トップグローブはRM5.64に48センを失い、スーパーマックスはRM5.65に37センを下落しました。

これらの株式は、マレーシア証券取引所の30指数構成銘柄の中で最大下落銘柄であり、複合指数を合わせて19.99ポイント下落させました。

その他のヘビーウェイトについては、メイバンクが11セン下落してRM8.35、パブリックバンクが8セン下落してRM20.52、ペトロナスケミカルズが15セン下落してRM7.28となった。

しかし、テナガは10セン上昇してRM10.52になり、IHHヘルスケアは6セン上昇してRM5.56になりました。

アクティブなものの中で、Sapura Energyは12.5センで横ばいで、AT Systematizationは半センから18センに、Dynaciateは1センを14センに、ニッチは2センを26センに、ボルネオオイルは半センを獲得しました。 4.5センまで。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは153.93ポイント下がって11,608、FBMT 100インデックスは151.66ポイント下がって11,350.33、FBM Emas Shariahインデックスは204.17ポイント下がって12,954.98、FBM70は234.43ポイント下がって14,908.4、FBMACEは10,684.96で49.73ポイントをあきらめました。 

プランテーション指数は24.65ポイント下落して7,327.49になり、金融サービス指数は99.38ポイント下落して15,217.17になり、工業製品およびサービス指数は2.69ポイント下落して175.42になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました