【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所は低いまま横ばいで取引終了。

マレーシア株式関連ニュース

クアラルンプール、1月5日—マレーシア証券取引所は、午前の売り圧力により、主要指数がマイナスの領域にとどまり、午後は多少反発するも下落しました。

午後3時3分、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は0.25ポイント下落し1,602.32になりました。

数量は42.8億リンギ相当の42億ユニットでした。

2021年は、2020年の11%の縮小から、前年比で約45%の収益成長率の急激な回復が見られるため、非常に良好に見えています。引き続き非常に好調な特定のセクター、つまり、CPOと石油価格の回復率が高く、価格が上昇しているゲーム、金融、プランテーション、石油とガスなどの特定のセクターでのグローブと回復によってサポートされているため、反発し1,800レベルまで反発すると見ている。

メイバンクとIHHヘルスケアはそれぞれRM8.34とRM5.51に1セン下落し、ペトロナスケミカルズはRM7.11に10セン下落しましたが、CIMBはRM4.28で横ばいでした。

パブリックバンクとテナガはそれぞれ4セン上昇してRM20.56とRM10.50になり、トップグローブは20セン上昇してRM5.70になりました。

アクティブなものの中で、BCMは3.5センから32.5センに、AgesonとYong Taiはそれぞれ2センを15センと32.5センに、ATSystematizationは半センから18センにインチングしました。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは23.35ポイント下がって11,583.11、FBMT 100インデックスは23.31ポイント下がって11,320.85、FBM Emas Shariahインデックスは19.39ポイント下がって12,924.01、FBM 70は114.64ポイント下がって14,883.9、FBMACEは6.52ポイント下落して10,786.82となった。

プランテーション指数は7,313.05で16.45ポイントを放棄し、金融サービス指数は49.5ポイント低下して15,192.41になり、工業製品およびサービス指数は1.44ポイント低下して174.01になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました