【マレーシア株式ニュース】慎重な商いで1600レベルを割り込む、銀行の売り切りがマレーシア証券取引所を引き下げる

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月6日—マレーシア証券取引所は、慎重な市場センチメントが投資家のリスク選好を圧迫し、銀行大手の売りが相まって、セクター別のパフォーマンスがまちまちである中、本日下落した。

ベンチマークFTSEブルサマレーシアKLCI(FBM KLCI)は、セッション全体で1,586.25から1,610.78の間を移動した後、16.38ポイント(1.02%)下落して1,591.97となった。

総量は昨日の62億7000万リンギから44.1億リンギに相当する77.3億ユニットに増加した。

フィッチ・レーティングスが世界の銀行の格付け見通しが2021年にマイナスに転じ赤字で低迷した銀行株に大きく影響された。フィッチレーティングスは、マレーシアの銀行にとって重要な問題は、不良債権の認識の遅れ、収益性の低下、不動産市場リスクである。

FBM KLCIの銀行株の中で最大の下落はCIMBであり、CIMBは3.3%(14セント)下落してRM4.14となり、1,424万株が取引された。その結果、マレーシア証券取引所の金融サービス指数は日中に1.5%下落した。トップグローブやスーパーマックスなどのゴム手袋カウンターは、今週初めに見られた大規模な売却後の日中に、それぞれ0.7%と0.5%のわずかな反発した。

ヘビーウェイトの中で、メイバンクは7センをRM8.24に、パブリックバンクは28センをRM20.34に、テナガは12センをRM10.42に、IHHヘルスケアは10センをRM5.55に削減しました。

トップグローブは4セン上昇してRM5.76になり、ペトロナスケミカルズはRM7.10で横ばいでした。

アクティブなもののうち、アイリスは5.5センから37セン、ヨンタイは2センから30セン、ATシステマタイゼーションは17.5セン、ボルテックスは1センから6セン、アドバンスシナジーとDGBはそれぞれ2.5センから18セン、それぞれ29.5セン。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは139.89ポイント下がって11,479.49、FBMT 100インデックスは134.19ポイント下がって11,223.8、FBM 70は248.01ポイント下がって14,663.43、FBM Emas Shariahインデックスは126.33ポイント下がって12,848.42、FBMはACEは251.81ポイント下落して10,565.28になりました。

セクター別では、金融サービス指数は233.79ポイント下落して14,970.37になり、プランテーション指数は7.49ポイント下落して7,347.17になり、工業製品およびサービス指数は1.72ポイント下落して172.57になりました。

メインマーケットの出来高は、昨日の36億4000万株から34億3000万リンギに相当する45.1億株に増加した。

ワラントの売上高は、昨日の3億5,740万リンギの5,467万リンギから、4億2,771万リンギの6,982万リンギに改善した。

ACE市場の出来高は、以前の22.7億株のRM86109万から27.9億株のRM902.16百万に拡大しました。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される9億7,592万株、工業製品およびサービス(12億)、建設(3億1,101万)、技術(4億4,505万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(7,346万)、不動産( 480.79百万)、プランテーション(110.45百万)、REIT(11.41百万)、閉鎖/資金(6,500)、エネルギー(558.16百万)、ヘルスケア(107.63百万)、通信およびメディア(83.89百万)、輸送およびロジスティクス(110.23百万) 、およびユーティリティ(4,145万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました