【マレーシア株式ニュース】週明けのマレーシア証券取引所は慎重な取引により小幅下落

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月11日—週明けのマレーシア証券取引所は、国内のCovid-19感染者の急増に対応して、政府の新しい措置を慎重に待っているため、週明けは小幅下落となった。

終値では、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、金曜日の終値1,633.19と比較して、15.94ポイント安の1,617.25。1日を通して1,607.53から1,627.22の間での商いとなった。

総量は金曜日のRM71.6億に相当する100億3000万ユニットからRM55.6億に相当する66.3億ユニットに減少した。

Bank Islam MalaysiaBhdのエコノミストであるアダム氏は、政府が移動制限を強化することを決定した場合、FBMKLCIは1,600ポイントを下回る可能性があるとしている。Covid-19の症例数の増加により景気回復の見通しは不透明なままであり、多数の工場や小売店とのサプライチェーンの混乱に対する懸念の高まりについて、当面圧力を受け続ける可能性がある。

しかし、投資家は全国的または特定の州で課される次の封鎖に警戒しているので、手袋の需要の増加が続き特定のセクターおよびヘルスケアセクターの見通しは明るい。また、原油価格の高騰はエネルギー部門にさらなる上昇をもたらすと予想している。

FBM KLCI指数は、金曜日の反発後、投資家が利益を固定することを決定したため、1.0%の下落にとどまった。トップグローブ、ハルタレガ、スーパーマックスなどのゴム手袋カウンターはマイナス領域で終わり、マレーシア証券取引所のインデックスを0.7%引き下げた。

一方、KLK、PPB Group、Sime Darby Plantationなどのプランテーションカウンターは、最新のマレーシアのパーム油委員会(MPOB)の在庫データに後押しされて増加した。パーム原油(CPO)の在庫は、2020年11月の722,451トンから2020年12月には19.2%減少して583,761トンとなった。CPO在庫の減少は、価格がさらに上昇する可能性があることを示唆しており、このセクターへの購買意欲を引き付けている。マレーシア証券取引所のプランテーション指数は、日中0.9%上昇することになった。また、鉱工業指数は、鉱業指数と電力指数の低下により、2020年11月に前年比2.2%縮小した。

本日マレーシア統計局は、2020年11月の失業率が2020年10月の4.7%から2020年11月には4.8%に上昇したと発表した。しかし、世界的やマレーシア国内でも不確実な経済と健康の状況が続いているため、2020年12月も労働需要の軟化が続く可能性があると述べた。

前向きな点として、2021年の第1週に取引が終了しウォール街からのリードは明るく、すべてのダウが政治的安定と数兆ドルの経済刺激策に期待したため上昇し、過去最高を記録した。また、政府は保健省とファイザー(マレーシア)Sdn Bhdを介して、本日マレーシアで製薬会社のCovid-19ワクチンの製造および供給契約に署名しました。

メイバンクが21セン下落してRM8.19に、PetChemが26セン下落してRM7.30となった。TNBはRM10.44で28セン安かったのに対し、DigiとMaxisはそれぞれRM4.16とRM5.10に10セン下落した。ハルタレガは28セント下落してRM12.22になり、トップグローブは7セント下落してRM6.43となった。

対照的に、KLKはRM24.70に70センを追加し、AxiataはRM3.63に16センを増加し、Sime DarbyPlantationはRM5.21に4センを増加した。アクティブなもののうち、VSolarとKey Allianceはそれぞれ4センと5センで横ばいで、Bintai Kindenは66.5センで7.5セン堅く、ATSystematizationは17.5センで1.5セン安となった。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは88.97ポイント低下して11,548.48になり、FBMT 100インデックスは94.75ポイント低下して11,313.06になり、FBM EmasShariahインデックスは83.25ポイント低下して13,070.69となった。

FBM 70は55.03ポイントを14,433.08に削減し、FBMACEは138.37ポイントを10,359.04となった。

セクター別では、金融サービス指数は176.70ポイント低下して14,831.41になり、工業製品およびサービス指数は2.58ポイント低下して172.00になり、プランテーション指数は65.28ポイント上昇して7,483.57となった。

メインマーケットの出来高は、金曜日の56.1億リンギの56.1億株から、43.8億リンギの35.9億株に減少した。ワラントの売上高は、RM1億81万の7億301万ユニットからRM99.08百万の6億2678万ユニットに減少しました。ACE市場の出来高は、以前の12億リンギ相当の37億2000万株から11億リンギ相当の24億1000万株に縮小した。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される5億5,426万株、工業製品およびサービス(13.5億)、建設(1億9,830万)、技術(2億2,491万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(6,924万)、不動産( 3億6,133万)、プランテーション(7,133万)、REIT(1,317万)、閉鎖/資金(20,300)、エネルギー(3億3,530万)、ヘルスケア(2億3,264万)、通信およびメディア(5,859万)、輸送およびロジスティクス(8,874万) 、およびユーティリティ(3,454万)

コメント

タイトルとURLをコピーしました