【マレーシア株式ニュース】マレーシア活動自粛初日は、大幅に上昇

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月13日―マレーシア証券取引所への投資家の関心は引き続き勢いを増し、活動自粛命令(MCO 2.0)の復活の初日に株式市場を大幅に上昇させた。

全体として、全国的な非常事態宣言が国内の不確実性を取り除くのに役立ったため、市場のセンチメントは改善した。また石油価格がバレルあたり56米ドルを上回り続けた。

午後5時に、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、昨日の終値の1,612.04と比較して、24.65ポイント上昇して1,636.69になった。

指数は1,617.68で5.64ポイント高く開き、1,617.68と1,637.10の間で推移した。

総量は火曜日の84.1億ユニットの57.6億リンギから、51.1億リンギに相当する71.2億ユニットに減少した。

Bank Islam MalaysiaBhdのエコノミストであるアダム氏は、「規制も以前ほど厳しくなかったため、投資家は緊急命令とMCOからの懸念を無視した。また、議会の停止は、政策立案者が政治的な違いに対処するよりも経済の改善にもっと集中することを意味するかもしれない。」とした。

アダム氏によると、銀行株の上昇により、マレーシア証券取引所の金融サービス指数は3.5%上昇し、逆に、ヘルスケアとゴム手袋のカウンターは大幅な下落を記録し、マレーシア証券取引所のヘルスケアセクターはわずかに0.1%下落しました。

「現在の流動的な環境を考えると、ゴム手袋とヘルスケアで売り切れの可能性を投資家は軽視していない。」と語った。

石油市場では、米国石油協会が1月8日までの1週間の原油在庫が前週の1661万バレルと比較して、5821万バレルと大幅に増加したと報告した後、上昇傾向が続いている。

銀行カウンターは大物の間で先導し、パブリックバンクはRM1.32からRM21.40に急上昇し、メイバンクはRM8.30に30セン、CIMBはRM4.07に15セン、RHB銀行はRM5.47に14センの上昇。

しかし、IHHは10センをRM5.45に下げ、トップグローブは5センをRM6.63に下げ、ハルタレガは14センをRM13に失い、スーパーマックスは19センをRM7.11に下げた。

活動家のうち、カンガーインターナショナルは15センで1.5セン高く、メトロニックは1から11センで、PNEPCBとヨンタイはそれぞれ63センと30センに上昇した。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは196.70ポイント上昇して11,748.76になり、FBMT 100インデックスは190.01ポイント上昇して11,490.25になり、FBM EmasShariahインデックスは95.15ポイント上昇して13,254.98になった。FBM 70は311.49ポイント上昇して14,821.08になり、FBMACEは188.54ポイント上昇して10,692.03になった。

セクター別では、金融サービス指数は519.23ポイント上昇して15,065.74になり、工業製品およびサービス指数は2.58ポイント上昇して175.54になり、プランテーション指数は20.68ポイント上昇して7,483,12になった。

メインマーケットの出来高は、昨日の51.7億株の47.4億リンギから、47.6億株の44.3億リンギに減少した。ワラントの売上高は、RM8,151万の5億21万ユニットに対して、RM8,100万の5億3,739万ユニットに減少した。

ACE市場の出来高は、以前の9億3,938万リンギ相当の27億株から5億9,277万リンギ相当の18.6億株に減少した。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される5億1,347万株、工業製品およびサービス(18.9億)、建設(2億3,891万)、技術(3億7,391万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(1億1,757万)、不動産( 3億8,902万人)、プランテーション(1億1,733万人)、REIT(1,331万人)、閉鎖/資金(16,300人)、エネルギー(6億2,916万人)、ヘルスケア(1億5,78万人)、通信およびメディア(8,011万人)、輸送およびロジスティクス(2億6,184万人) 、およびユーティリティ(3,733万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました