【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所は終値でほぼ横ばい

マレーシア株式関連ニュース

クアラルンプール、1月20日—マレーシア証券取引所は、一部のセクターで売り圧力に屈したものの、金融サービスカウンターでの買いに支えられて、1日をほぼ横ばいで終え、上昇をあきらめた形となった。

午後5時、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、昨日の終値の1,601.88と比較して、0.34ポイント下落して1,601.54になった。

指数は1,606.55で4.67ポイント高く開き、1,601.54と1,616.84の間で推移した。

総量は、昨日の68.0億ユニットの48.2億リンギから、58.5億ユニットの43.8億リンギに減少した。

Bank Islam MalaysiaBhdのエコノミストであるアダム氏は、市場は本日横ばいで終わり、0.1%未満の落ち込みで、主にSime Darby、Petronas Dagangan、IOI Corporationなどのカウンターが2.0%以上下落したと語った。

CIMB、ホンリョン銀行、パブリック銀行、RHB銀行などの銀行カウンターはすべて利益を記録し、地元の証券取引所での損失の一部を消去するのに役立ちました。

「銀行セクターはFBMKLCIの時価総額の20.0%以上を占めているため、銀行カウンターでの利益は地元市場を後押しします。銀行セクターの好業績の理由の一部は、マレーシア国立銀行(BNM)がオーバーナイト政策金利(OPR)を1.75%に維持し、銀行の純利ざやのさらなる圧縮を妨げることによるものでした。しかしながら、BNMは3月の次の会議でOPRを削減することが期待されている。」

「理由は、サラワクを除くすべての州で、2020年3月から5月までの1日あたりの生産損失24億リンギよりは少ないものの、1日あたり6億リンギの損失が見込まれ、活動規制命令が課されたためです。」

「150億リンギット相当のマレーシア経済およびラキャットの保護支援パッケージ(Permai)は、より慎重な支出を伴う既存の予算2021からの資金源によって賄われると予想している。」

「これは政府の財政状態に限定的な影響を与える可能性があり、財政赤字は2021年の国内総生産(GDP)の5.4%で変わらない可能性があります。」

「その結果、政府は人間の移動に大きな影響を与えるMCO 2.0の影響を抑えるために、OPRを削減することによって、金銭的支援の観点からより集中する余裕しかなかった。全体として、前述の状況により、2021年3月の次回のBNM政策会議でOPRが25ベーシスポイント削減される。」という見解を示した。

パブリックバンクは42センをRM21.32に、PChemは3センをRM7.54に、トップグローブは1センをRM6.14に改善した。

対照的に、メイバンクは1センをRM8.09に緩和し、テナガは4センをRM9.96に引き下げた。

アクティブなもののうち、本日デビューしたHPPHBは35センから71センに急上昇し、Anzoは2.5セン増加して10.5センになり、MToucheは6.5センで横ばいだった。

対照的に、Widadは半センから66センを流し、DGBAsiaは5センを12.5センに後退させた。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは14.14ポイント上昇して11,594.66になり、FBMT 100インデックスは11.6ポイント上昇して11,321.86になり、FBM EmasShariahインデックスは21.98ポイント上昇して13,081.36となった。

FBM 70は69.72ポイント増加して14,910.57になり、FBMACEは56.01ポイント改善して10,850.38にとなった。

セクター別では、金融サービス指数は114.22ポイント上昇して14,876.43になり、工業製品およびサービス指数は0.75ポイント上昇して179.76になり、プランテーション指数は46.64ポイント上昇して7,242.79となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました