【就任演説和訳】第46代米大統領にバイデン氏が就任。就任式のバイデン氏ほか演説内容

その他

昨日1月20日に就任式が行われ、第46代米大統領にバイデン氏が就任しました。バイデン氏を含め式中の演説者とその内容です。同時通訳と原文機械翻訳を元にしています。多少過不足あると思いますが、ご了承ください。

1.エイミー・クロブシャー上院議員(民主党)の演説

エイミー・ジーン・クロブシャー(英語: Amy Jean Klobuchar, 1960年5月25日 – )は、アメリカ合衆国の弁護士、政治家。ミネソタ州選出のアメリカ合衆国上院議員。所属政党は、民主党。

「ペンス副大統領、大統領として選ばれましたバイデン氏、そして選ばれましたハリス副大統領、そして海外のご来賓の皆様、そしてバイデン一族の皆さん、第59回目の就任式を行っていきます。あと数分後に2人方が宣誓式に挑まれます。」

「今回のこの式典は、まさに244年の民主主義を象徴するものです。リーダーたちがこの舞台に人々の民意によって選ばれたのです。憲法を忠実に守ると言うことになります。その瞬間この国を守っていくということになっていくのです。あまりにも形式というものにこれまで慣れ過ぎていました。しかし、ようやくこのような恩恵、そして光栄であるという事を感じております。」

「2週間前の事、暴徒がこのような騒乱を起こしました。そしてこの民主主義の場所を襲ったのです。私達はアメリカ国民としての責任に目覚めました。この日こそ、民主主義が立ち上がる日です。埃を落とし、そしてアメリカがいつもやる事をやるのです。国として前進するのです。神の元に自由と、そして全ての人々の自由と正義を。」

「この聖なる信頼は、リーダーと国民の間にあります。この輝く議事堂の元でリンカーン大統領が最初の就任演説を議事堂の前で行った時、与野党は一部作られていました。そして彼はそれを終えると言っていました。でも、批判されました。それに、資金を南北戦争の最中に使ったことに関してです。批判した人達に対して、リンカーン大統領は、もし議事堂を作ることを人々が見ればこの国は前進することを見るのだ、そしてそれが行われました。何世代ものアメリカ人が私たちのこの国を維持する為に努力しました。素晴らしい立法府がありました。公民権と経済の安定そして世界を指揮したのです。この議事堂の中で、それは皆、私達の責任です。2人のリーダーだけではありません。私達の民主主義の統治を手にし政治の武器ではなく、善の為の手段として今日は誓います。決死して民主主義をあたりまえと思いません。私達は素晴らしい強さを祝うのです。回復力を祝うのです。そして、一般の人々は素晴らしい事を国の為にすることを祝福するのです。最前線にいる医師、看護師、そして首都の警察官たち、正義の為の希望を決して諦めないのです。」

「新しい大統領ジョー・バイデン氏はアメリカの魂を回復させると言いました。そして分断を結束させると、そして私達は最初のアフリカ系、アジア系、女性で初めての副大統領が誕生します。カムラ・ハリス氏です。この日に前進した人たちの前に立ちます。世界中の人達が知る事でしょう。全てが可能だと。最終的にそれがアメリカなのです。私たちの民主主義なのです。多くの善の国なのです。そして今日この議事堂でこの栄光なる。発起人と私たちはもう一度献身的にこの大義に向かうのですありがとうございます。」

2.ロイ・ブラント上院議員(ミズーリ州)の演説

ロイ・ディーン・ブラント(英語: Roy Dean Blunt,1950年1月10日-)としてアメリカの政治家であるシニア 米国の上院議員のためのミズーリ州共和党の2011 Aのメンバー。アメリカハウス代表者およびミズーリ州務長官。上院共和党政策委員会の議長

「クロブシャー氏がこの場面に関わっていることを知っていました。そして雪が今朝少し降っていました。今朝色々な事を考えていたのですが、家のドアを出るまでは雪が降ってるとは思ってもいませんでした。クロブシャー議員と合同委員会の皆さまありがとうございました。59回目の就任式となります。」

「御礼申し上げたいのは、安全を担ってくださっているパートナーの皆さまです。前例のない形での状況となりました。4年前にも私自身経験したことがあるのですが、81年のレーガン氏のことを思い出します。同じの場で4年毎、奇跡的な当たり前のこととして1789年から4年毎にやってきました。アメリカ国民は、戦争の時も大恐慌の時もそしてパンデミックの最中もこれを祝ってきました。3つのこの政府によって、我々が団結という形で結びつくことが出来ました。」

「また、我々は再度この決意というものを民主主義に対して抱いております。より良い結束をということになります。これがそのテーマでもあります。つまり民主主義への我々の固い決意。完全なる結束へということで事前に発表を行いました。アメリカというのは約束を実現することが出来ます。そして前例として示すことが出来るのです。これまでよりもより良くなっていくことを意味します。憲法においては民主主義ということを定義しています。つまり人々というものが政府の中に居るということになります。」

「マグナカルタや他の法律をやってきませんでしたが、憲法でこのことを謳っています。なぜならば、人々こそがその源にあるからです。そういった3つの単語に従って行きました。連合、創成、そしてより完全なる結束に向けてと言うことです。建国者たちは、そのような事は述べてませんでした。新しい国においては、何をも認めて当たり前にしてはいけない。より良いことに向けて実行していくことが民主主義の偉大さだとしています。自由と言うものを我々は手にしています。そして今ある国家と言うものです。」

「それはただ単に実現したからではありません。偉大な民主主義の成功と失敗の過去に歴史があり、より良く向かおうとしたものです。我々は、これまで以上の存在です。そして望んだ以上に、しかしながらそこまで達成してません。わずか2週間前、議事堂で起きた事について政府は、脆弱であることをきちんと抑制することが必要だということ。そして回復力が必要であるということを。」

「昨年、パンデミックは私たちの自由で開かれた社会に挑戦し、我々に並外れた決意を求めました。そして更なる犠牲を要求し今だに私たちに挑戦しています。この挑戦に正面から向き合うされている私たちや医療従事者、科学者の最前線で働く人達が不可欠で解決に向けて努力してきました。世界中の人々が今我々を見ています。我々が何をするのかを見ています。政府が1つになり議会と裁判所が運営責任の意向をみます。」

「今日、より喜んでいる1つの政党があります。しかしこれは分断の時ではなく結束の時です。新しい政権が始まります。そして新しい時代が始まるのです。そして国の話し合いは続き、決意を固めた民主種ぎは重要なものとして続きて行きます。全てのアメリカ国民の完全なる結束に向けてです。今日は皆さんと共にあることをとても光栄に思います。大統領とその家族、シェパード・スミス氏に感謝します。」

3.ジョー・バイデン大統領の演説

ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア(英語: Joseph Robinette Biden, Jr. Joe Biden, 1942年11月20日 – )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。同国第46代大統領。民主党に所属し、デラウェア州選出の上院議員、第47代副大統領を歴任。2020年11月3日の大統領選挙に民主党の大統領候補として出馬して当選を果たし2021年1月20日に大統領に就任。

「今日はアメリカの日です。今日は民主主義の日です。歴史と希望、更新と決意の日。長年のるつぼを通して、アメリカは新たに試され、アメリカは挑戦に立ち上がった。今日、私たちは候補者ではなく、大義、民主主義の大義の勝利を祝います。人々の意志が聞かれ、人々の意志に注意が払われました。」

「私たちは、民主主義が貴重であり、民主主義が脆弱であり、そしてこの時間に私の友人たちが民主主義を支配していることを再び学びました。ですから、ほんの数日前に暴力が国会議事堂の基盤を揺るがそうとしたこの神聖な場所で、私たちは2世紀以上にわたって政権交代を実行するために、神の下で1つの国として団結します。」

「私たちが独自のアメリカのやり方で、落ち着きがなく、大胆で、楽観的であり、私たちができること、そしてそうしなければならないことを知っている国に目を向けるとき、私は両当事者の前任者に感謝します。心より感謝申し上げます。そして、私は、昨夜私が今日私たちと一緒にいることはできないが、彼の生涯の奉仕のために敬礼するカーター大統領と同様に、私たちの憲法の回復力と強さ、私たちの国の強さを知っています。」

「私はそれらの愛国者のそれぞれが取った神聖な誓いをちょうど取ったところです。ジョージ・ワシントンが最初に誓った誓い。しかし、アメリカの物語は私たちの誰にも、私たちの何人かにではなく、私たち全員に依存しています。私たちには、より完璧な結合を求める人々がいます。これは素晴らしい国です、私たちは良い人です。そして何世紀にもわたって、平和と戦争の嵐と争いを通して、私たちはここまで来ました。しかし、まだまだ先があります。」

「危機と大きな可能性のこの冬にやるべきことがたくさんあるので、私たちはスピードと緊急性をもって前進します。やるべきこと、癒すため、回復するため、構築するため、そして得るためにたくさん。私たちの国の歴史の中で、私たちが今いる時よりも挑戦されたり、困難な時を見つけたりした人はほとんどいません。一世紀に一度、国を静かに襲うウイルスは、第二次世界大戦のすべてと同じくらい多くの命を1年で奪いました。」

「何百万もの仕事が失われました。何十万もの企業が閉鎖されました。約400年の歳月をかけて人種的正義を求める声が私たちを感動させます。すべての人の正義の夢はもはや延期されません。生き残るための叫びは、惑星自体から来ています。これは、これ以上必死になったり、これ以上明確になったりすることはできません。私たちが立ち向かわなければならない政治的過激主義、白人至上主義、国内テロリズムの台頭、そして私たちは敗北するでしょう。」

「これらの課題を克服し、魂を回復し、アメリカの未来を確保するためには、言葉以上のものが必要です。それは民主主義のすべてのものの中で最もとらえどころのないもの、つまり団結を必要とします。団結。1863年の元旦の別の1月、エイブラハムリンカーンは奴隷解放宣言に署名しました。彼が紙にペンを置いたとき、大統領は言った、そして私は引用する、「私の名前が歴史に残るならば、それはこの行為のためであり、私の魂はそれにある」。

「私の魂は今日、この1月の日にその中にあります。私の魂はこれにあります。アメリカを一つにまとめ、私たちの人々を団結させ、私たちの国を団結させます。そして、私はすべてのアメリカ人にこの目的のために私に加わるように頼みます。私たちが直面する敵と戦うために団結する-怒り、恨み、憎しみ。過激主義、無法、暴力、病気、失業、絶望。」

「団結することで、私たちは素晴らしいこと、重要なことをすることができます。私たちは間違いを正すことができ、人々を良い仕事に就かせ、安全な学校で子供たちに教えることができます。私たちは致命的なウイルスを克服し、仕事を再建し、中産階級を再建して仕事を安全にし、人種的正義を確保し、アメリカを再び世界の善のための主要な力にすることができます。」

「団結について話すことは、最近の愚かなファンタジーのように聞こえるかもしれません。私たちを分断する力は深く、それらは本物であることを私は知っています。しかし、私はそれらが新しいものではないことも知っています。私たちの歴史は、私たち全員が平等に創造されるというアメリカの理想と、人種差別、移民排斥、恐怖が私たちを引き裂いたという厳しい醜い現実との間の絶え間ない闘争でした。戦いは永続的であり、勝利は決して確実ではありません。」

「内戦、大恐慌、世界恐慌、9.11を通じて、闘争、犠牲、そして挫折を通じて、私たちのより良い天使たちは常に勝ちました。私たちのそれぞれの瞬間に、私たち全員を前進させるのに十分な数の私たちが集まり、今それを行うことができます。歴史、信仰、理由が道を示しています。団結の道。」

「私たちはお互いを敵としてではなく隣人として見ることができます。私たちは尊厳と敬意を持ってお互いを扱うことができます。私たちは力を合わせ、叫びを止め、体温を下げることができます。団結がなければ、平和はなく、苦しみと怒りだけがあり、進歩はなく、怒りを尽くすだけです。国はなく、混沌とした状態だけです。これは私たちの歴史的な危機と挑戦の瞬間です。そして、団結は前進への道です。そして、私たちはアメリカ合衆国としてこの瞬間に会わなければなりません。」

「そうすれば、失敗しないことを保証します。私たちが一緒に行動したとき、私たちはアメリカで失敗したことはありません。それで、今日この場所で、私たち全員、新たに始めましょう。もう一度お互いに耳を傾け、お互いに耳を傾け、お互いに会い始めましょう。お互いに敬意を表します。政治は、その道のすべてを破壊する猛烈な火である必要はありません。すべての意見の不一致が総力戦の原因である必要はなく、事実自体が操作され、製造される文化を拒否する必要があります。」

「私の仲間のアメリカ人、私たちはこれとは違う必要があります。私たちはこれよりも優れている必要があり、アメリカはこれよりもはるかに優れていると思います。ただ見回してください。ここでは、国会議事堂のドームの陰に立っています。先に述べたように、南北戦争の陰で完成しました。組合自体が文字通りバランスにぶら下がっていたとき。私たちは耐え、勝ちます。ここに立って、キング博士が彼の夢について語った素晴らしいモールを見渡しています。」

「ここに私たちは立っています。108年前の別の就任式で、何千人もの抗議者が選挙権を求めて行進している勇敢な女性を阻止しようとしました。そして今日、私たちは国務院に選出された最初の女性、カマラ・ハリス副大統領の宣誓を記します。物事は変わらない、と言わないでください。ここに私たちは、最後の完全な献身を与えた英雄が永遠の平和の中で休むところに立っています。」

「そして、ここでは、暴動の暴徒が暴力を使って人々の意志を沈黙させ、民主主義の活動を止め、この聖地から私たちを追い出すことができると考えた数日後に立ちます。それは起こりませんでした、それは決して起こりません、今日でも、明日でも、決して起こりません。今までにない。私たちのキャンペーンを支持してくれたすべての人に、私はあなたが私たちに置いた信仰に謙虚になります。私たちをサポートしなかったすべての人に、これを言わせてください。私たちが前進するとき、私たちの声を聞いてください。私と私の心を測ってください。」

「それでも同意できない場合は、そうしてください。それが民主主義です。それはアメリカです。平和的に異議を唱える権利。そして、私たちの民主主義のガードレールは、おそらく私たちの国の最大の強みです。私の言うことをはっきりと聞いていれば、意見の不一致が不一致につながることはありません。そして、私はあなたにこれを誓います。私はすべてのアメリカ人、すべてのアメリカ人の大統領になります。そして、私を支えてくれなかった人たちのために、支えてくれた人たちのために戦うことを約束します。」

「何世紀も前に、私の教会の聖人である聖アウグスティヌスは、人々は彼らの愛の共通の目的によって定義された群衆であると書いています。彼らの愛の共通の目的によって定義されます。私たちをアメリカ人として定義する、私たちアメリカ人が愛する共通の目的は何ですか?私たちは知っていると思います。機会、安全、自由、尊厳、尊敬、名誉、そしてそうです、真実。」

「最近の数週間と数ヶ月は私たちに苦痛な教訓を教えてくれました。真実があり、嘘があります。嘘は権力と利益のために語った。そして私たち一人一人には、アメリカ人として、そして特に指導者としての市民としての義務と責任があります。私たちの国を守るために私たちの憲法を尊重することを約束した指導者。真実を守り、嘘を打ち負かすため。」

「私の仲間のアメリカ人の多くが恐れと恐れを持って未来を見ていることを私は理解しています。彼らは自分の仕事を心配していると思います。私は彼らのお父さんのように彼らが夜にベッドに横になって天井を見つめていることを理解しています。住宅ローンを支払うことはできますか?」彼らの家族について、次に何が来るかについて考えます。私はあなたに約束します、私はそれを理解します。しかし、答えは内向きではありません。競合する派閥に後退すること。あなたのように見えない人、またはあなたのように崇拝している人、あなたと同じ情報源からニュースを受け取らない人を信用しない。」

「私たちは、青に対して赤、地方対都市、保守的対リベラルなこの非市民的な戦争を終わらせなければなりません。私たちが心を固める代わりに魂を開くなら、少し寛容と謙虚さを示すなら、そして私の母が言うように、私たちが他の人の立場に立つ気があるなら、私たちはこれを行うことができます。ちょっとの間、彼らの立場に立ってください。」

「これが人生のことだからです。運命があなたにどう対処するかについての説明はありません。ある日あなたは手を必要とします。手を貸すように呼ばれる日もあります。それがどうあるべきか、それが私たちがお互いのために行うことです。そして、私たちがそうすれば、私たちの国はより強く、より繁栄し、将来に備えることができます。そして、私たちはまだ反対することができます。」

「私の仲間のアメリカ人、私たちの前の仕事で私たちはお互いを必要とするでしょう。この暗い冬を乗り切るには、全力が必要です。私たちは、ウイルスの最も暗くて最も致命的な時期に突入しています。私たちは政治を脇に置き、最終的にこのパンデミックに一つの国、一つの国として直面しなければなりません。そして、聖書が言っているように、「泣くことは一晩続くかもしれません、喜びは朝に来る」と私はこれを約束します。私たちは一緒にこれを乗り越えます。一緒。」

「皆さん、私が下院と上院で一緒に奉仕しているすべての同僚を見てください。私たちは皆、世界が注目していることを理解しています。今日は私たち全員を見ています。それで、これが私たちの国境を越えた人々への私のメッセージです。アメリカはテストされており、私たちはそれに対してより強くなっています。私たちは同盟を修復し、もう一度世界と関わります。昨日の課題ではなく、今日と明日の課題に対応します。そして、私たちは私たちの力の例だけでなく、私たちの例の力によっても導きます。」

「仲間のアメリカ人、ママ、パパ、息子、娘、友人、隣人、そして同僚。私たちは、私たちができる、そしてあるべき国となることによって、彼らを称えます。ですから、命を落とした人々、置き去りにされた人々、そして私たちの国のために、静かな祈りをしましょう。アーメン。」

「皆さん、それはテストの時です。私たちは民主主義への攻撃に直面しており、真実には、猛威を振るうウイルス、刺すような不平等、体系的な人種差別、危機に瀕している気候、世界におけるアメリカの役割に直面しています。これらのどれでも、深遠な方法で私たちに挑戦するのに十分でしょう。しかし、実際には、私たちは一度にそれらすべてに直面し、この国に私たちが持っていた最大の責任の1つを提示します。次に、テストを行います。ステップアップしますか?」

「やることがたくさんあるので、大胆さの時が来ました。そして、これは確かです、私はあなたに約束します。私たちは、あなたと私が、私たちの時代のこれらの連鎖的な危機をどのように解決するかによって判断されます。私たちはその機会に立ち上がるでしょう。このまれで難しい時間をマスターしますか?私たちは義務を果たし、子供たちに新しくより良い世界を伝えますか?私たちはそうしなければならないと信じており、あなたもそうしなければならないと確信しています。私たちはそうするだろうと信じています、そしてそうするとき、私たちはアメリカ合衆国の歴史の中で次の素晴らしい章を書くでしょう。アメリカの物語。」

「私にとって大きな意味を持つ歌のように聞こえるかもしれない物語、それはアメリカンアンセムと呼ばれています。そして、少なくとも私にとって際立っている一節があり、それは次のようになります:

「何世紀にもわたる仕事と祈りが私たちを今日に導きました。それは私たちの遺産となるでしょう、私たちの子供たちは何と言いますか?」

「私の日々が終わったとき、私の心の中で私に知らせてください、アメリカ、アメリカ、私はあなたに最善を尽くしました。」

「私たちの偉大な国の展開する物語に私たち自身の仕事と祈りを加えましょう。私たちがこれを行うと、私たちの日々が終わると、私たちの子供たちと子供たちの子供たちは私たちのことを言うでしょう:『彼らは最善を尽くし、義務を果たし、壊れた土地を癒しました。』」

「私の仲間のアメリカ人は、私が始めた日を神聖な誓いで締めくくります。神とあなた方全員の前で、私はあなた方に私の言葉を与えます。私はいつもあなたと同じレベルになります。私は憲法を擁護し、私たちの民主主義を擁護します。」

「私はアメリカを擁護し、私がするすべてのことをあなたの奉仕に留めておくように、すべての人に与えます。力ではなく可能性を考えます。個人的な利益ではなく、公共の利益のためです。」

「そして一緒に、恐れではなく、希望のアメリカの物語を書きます。団結ではなく分裂であり、光ではなく闇である。品位と尊厳、愛と癒し、偉大さと善の物語。これが私たちを導く物語でありますように。私たちを刺激する物語。そして、歴史の呼びかけに応えた、これからの時代を語る物語は、その瞬間に出会った。民主主義と希望、真実と正義は、私たちの時計で死ぬのではなく、繁栄しました。」

「そのアメリカは家で自由を確保し、世界への標識として再び立った。それは私たちが私たちの先祖、お互い、そして続く世代に負っているものです。」

「ですから、目的と決意を持って、私たちは私たちの時代のそれらの仕事に目を向けます。信仰によって支えられ、信念によって動かされ、お互いに、そして私たちが心から愛する国に献身します。神がアメリカを祝福し、神が私たちの軍隊を守ってくださいますように。」

4.アマンダ・ゴーマン氏 詩人の演説

アマンダ・ゴーマン(英語: Amanda Gorman, March, 1998年3月7日-) 2017年に最初の全米青少年桂冠詩人に選ばれるなど、現在、注目を集める詩人。

「大統領、バイデン夫人、そして副大統領、そしてエモーフ氏
アメリカ国民の皆さん、世界の皆さま、日が到来すると光はどこにあるのかと考えます。
影の最中においてです、そして損失がありました。その一方で、獣もいました。静かさイコール平和ではありません。そして何が正しいのかというものが必ずしもそのままあるわけではありません。とは言ったものの夜明けがあります。」

「我々は、気づきました。そして何とか切り抜け、目撃をしてきたのです。国家というものは壊れては、いません。ただ未完成なのです。私たちは痩せた黒人の子でした。奴隷の子孫で、そしてシングルマザーに育てられました。そして大統領になる夢、それを暗唱していました。私たちはまだ輝かなくてはなりません。磨かれなくてはなりません。だからといって完璧な国を目指すことはできないわけではありません。目的をもって、国を作るのです。すべての文化、皮膚の色、人格、そしてコンディションそれをすべての人たちのということです、私たちの前にあるものをみたいのです。分断を辞めるのです、違いを棚上げにし、武器を置きそして両手を伸ばすのです。誰かを傷つけるのではなく調和を、これが真実です。」

「私たちは悲しんでも成長するのです。疲れても私たちは共に勝利するのです。決して敗北を知らないからではありません。こんな分断はこれまでになかったんです。聖書がそれを描いています。恐れてはならないと、もし私たちの時代に起きるとすれば勝利が架け橋を作ると、私たちが登る丘、私たちが勇気があればです。アメリカ人であることは誇り以上のものです。私たちはそこに歩き出すのです。どうやって修復するかです。私たちは国を破壊する力を見ました、国を破壊して民主主義を暮らせるというのを見ました。」

「しかし、これは成功しませんでした、民主主義が定期的に遅れましたが決して、恒久的に敗北させられることはないのです。この真実の元、私たちは信じています。目を未来に向けるのです。歴史が私たちを見ているのです、この時代は単に贖罪の日ではありません。私たちがこの恐ろしい時代にいくとは思っていませんでした。でも新しい1ページを希望を迎えることができるのです。」

「私たちの魂を、私たちが勝つことができるのだろうかこのひどい状況からと、でも主張します。破壊がどのように勝つことができるか、私たちを破ることなどはできないはずだ。この国傷ついている、穴が開いている、でも大胆で自由に私たちは脅しで邪魔されることはない、私たちの行動が、次の世代を行き着くものだとわかっているからです。」

「一つ確かなことがあります。もし私たちが慈悲の言葉があり、気持ちがあれば、そして愛というものが我々のレガシーとなるでしょう、そして子供たちの未来と変わっていきます、過去は過去のものとしていきましょう、私たちの呼吸をもって、そしてこの傷ついた世界というものを変えていきましょう、黄金の丘があるのです。そして風が吹き荒れたところに北東があります。そこに上陸した方々もいます、あるいは中西部の場所、あるいは太陽の輝く南部、和解をしていくのです、すべての場所において我が国土において多様性があり、美しい人々がいます。そして我々が立ち上がれば、この陰から出ることができるのです。」

「新しい日の出というものが出てくるのです、そして常に光というものがあります、それを見る勇気があればです、勇気があれば。そして勇気であれば。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました