【マレーシア株式ニュース】マレーシア証券取引所は、消費財および金融サービスカウンターで利益確定が見られたため下落。

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月25日—マレーシア証券取引所は、一部の消費財および金融サービスカウンターで利益確定が見られたため、本日下落しました。

午後5時、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、先週金曜日の終値1,596.74から20.12ポイント(1.26%)下落して1,576.62となった。

指数は3.80ポイント高く1,600.54で開き、1日を通して1,575.88から1,601.54の間を推移しました。

金曜日の66.3億ユニットが48億1000万リンギに相当するのに対し、総量は74.7億ユニットが51.4億リンギに相当する。

あるディーラーは、地域的には、パンデミックがある程度抑制されれば、地域経済は力強い回復を遂げ、封鎖が緩和され、ワクチンの展開が昨年と比較してすでにさまざまな国で開始されていると楽観視している。しかし、パンデミックをめぐって市場に波及した懸念は残っている。

別のディーラーは、ジョー・バイデン政権下での最初の米連邦準備制度理事会の会合、およびマレーシアでの休暇が短縮された週に先立って、投資家は依然として慎重であると述べた。

ヘビーウェイトの中で、メイバンクは12セン下落してRM7.88、パブリックバンクは36セン下落してRM21.30、ペトロナスケミカルズは45セン下落してRM6.90、TNBは13セン下落してRM9.65、トップグローブは27セン下落してRM6となった。

DNeXは4.0センから30センに改善し、Bioalphaは半センを29.5センに緩和し、XOXは1.0センから8.0センを削減し、ペガサスは2.5センで横ばいだった。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは173.07ポイント下落して11,390.55になり、FBMT 100インデックスは159.52ポイント下落して11,135.24になり、FBM EmasShariahインデックスは156.37ポイント下がって12,892.58にとなった。

FBM 70は277.46ポイント減少して14,624.22になり、FBMACEは87.76ポイント減少して10,670.25になった。

セクター別では、金融サービス指数は320.32ポイント低下して14,564.74になり、プランテーション指数は38.70ポイント低下して7,184.46になり、工業製品およびサービス指数は6.55ポイント低下して170.80にとなった。

メインマーケットの出来高は、金曜日の37億7000万リンギ相当の38.5億株に対し、42.6億リンギ相当の46.7億株に増加した。

ワラントの売上高は、RM70.95百万の4億4,262万ユニットからRM80.32百万の5億2,057万ユニットに改善された。

ACE市場の出来高は、以前の23.3億株、RM9億6,776万株に対し、22.8億株、RM798.15百万に減少した。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される7億919万株、工業製品およびサービス(13.6億)、建設(3億4,610万)、技術(9億1,580万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(8,770万)、不動産( 410.33百万)、プランテーション(63.16百万)、REIT(18.57百万)、閉鎖/資金(5,400)、エネルギー(369.168百万)、ヘルスケア(148.49百万)、電気通信およびメディア(87.67百万)、輸送およびロジスティクス(114.28百万) 、およびユーティリティ(3,859万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました