【マレーシア株式ニュース】FBM KLCIは上値を抑えられるが、やや高く終了。

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、1月27日-ほとんどの地域証券取引所のセンチメントが弱かったにもかかわらず、選択されたテクノロジーと消費財およびサービスの継続的な購入により、マレーシア証券取引所はポジティブな領域にとどまることが出来た。

午後5時に、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、昨日の終値1,575.31から5.31ポイント(0.34%)上昇して1,580.62となった。

指数は1,585.06で9.75ポイント高く開き、1日を通して1,580.37から1,593.08の間で推移した。

火曜日の59億3000万ユニットが47億3000万リンギに相当するのに対し、総量は56.3億ユニットで49億8000万リンギに相当する。

政府がPharmaniagaとDuopharmaBiotechを通じて1840万回分のCovid-19ワクチンを取得する取引を確保したというニュースによって地元市場が後押しされた。両社は、ワクチンを供給するために保健省とタームシート契約を結んだ。

地域的には、投資家がジョー・バイデン米大統領の1.9兆米ドル(7.7兆リンギット)の刺激に対する潜在的な遅延についての長引く懸念に慎重になったため、ほとんどのアジア株は下落した。

あるディーラーによると、投資家たちは昨日(火曜日)に始まった米国中央銀行の2日間の会合も注意深く見守っており、連邦公開市場委員会は本日遅くに新たなリードについての政策決定を発表する予定。

マレーシア証券取引所は、インド系の行事であるタイプーサムの休日のため、明日休業します。

ヘビーウェイトの中で、メイバンクは5.0セン上昇してRM7.87、TNBは8.0セン上昇してRM9.87、ペトロナスケミカルズは10セン上昇してRM6.85、トップグローブは1.0セン上昇してRM6.21、パブリックバンクは4.0セン上昇してRM4となった。

アクティブなもののうち、PAリソースは1.5センから20センに、Iris Corpは2.5センから39.5センに、Vivocomは13センから96.5センに、ATSystematizationは17センで横ばいだった。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは56.25ポイント上昇して11,455.14になり、FBMT 100インデックスは51.87ポイント上昇して11,190.39になり、FBM EmasShariahインデックスは82.95ポイント上昇して12,915.60となった。

FBM 70は123.99ポイント上昇して14,801.39になり、FBMACEは367.24ポイント上昇して11,165.84となった。

セクター別では、金融サービス指数は48.79ポイント上昇して14,746.24になり、プランテーション指数は31.79ポイント低下して7,147.16になり、工業製品およびサービス指数は0.68ポイント上昇して171.14となった。

メインマーケットの出来高は火曜日の36.0億株が39億リンギに相当するのに対し、40.5億リンギに相当する35.2億株に減少した。

ワラントの売上高は、RM93.74百万の5億5,885万ユニットからRM5,760万の3億6,521万ユニットに縮小しました。

ACE市場の出来高は、以前の6億7,532万リンギ相当の17.8億株に対し、8億6,546万リンギ相当の17.5億株に減少した。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される5億5,570万株、工業製品およびサービス(12億ドル)、建設(2億1,991万)、技術(4億8,738万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(1億3,626万)、不動産( 26174万)、プランテーション(63.38百万)、REIT(16.33百万)、閉鎖/資金(11,400)、エネルギー(202.46百万)、ヘルスケア(7,492万)、通信およびメディア(91.93百万)、輸送およびロジスティクス(133.08百万) 、およびユーティリティ(7,960万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました