【マレーシア株式ニュース】マレーシア総合KLCIは、利益確定に押される

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、2月2日—火曜日の終値で、マレーシア証券取引所の株式は、小型株と金融サービス株の利食いが本日の業績に打撃を与えたため、まちまちの結果となった。

午後5時、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、金曜日の終値1,566.40から11.68ポイント(0.74%)上昇して1,578.08にとなった。

指数は1,575.03で8.63ポイント高く開き、1日を通して1,571.30から1,585.18の間で推移した。

総量は金曜日の65億4000万リンギから43.9億リンギに相当する59.2億ユニットに減少した。

連邦直轄領の日のため、市場は月曜日に閉鎖された。

本日、政府は、サラワクを除くすべての州で、運動管理命令(MCO)2.0を2月18日まで延長する決定を発表しました。

上級大臣(セキュリティクラスター)のDatuk Seri Ismail Sabri Yaakobは、すべての州でのCovid-19症例の毎日の集計が引き続き上昇傾向にあることを発見した後、リスク評価と保健省の助言に基づいて決定が下されたと述べた。

この動きについて、Bank Islam MalaysiaBhdのエコノミストであるアダム氏は、1日あたり5,000件を超える症例数が長引いたため、市場はMCOの延長に大きく値を付けたと述べた。

「しかし、ご存知のとおり、建設、製造、サービス、貿易と流通、農業、農業など、多くの事業部門が運営を許可されている。」

「それでも、第1四半期の国内総生産(GDP)の経済生産に影響があり、MCOの延長の可能性を考慮したため、現在、2021年のGDP成長率は4%と予測されている。 」

アダム氏は、市場はマレーシア証券取引所での小売取引の熱狂によって動かされている可能性があると意見を述べ、米国(US)でのGamestopの株式の動きを反映しているとした。

1月の1か月間、市場のセンチメントがMCO 2.0の賦課によって悪影響を受けたため、KLCIは前月比3.7%下落したと発表しました。非常事態宣言と1月29日に新しいCovid-19症例は5,725件の記録に達した。

「2月は歴史的に前向きな月であり、KLCIは過去数年間で+ 0.4%— + 2.2%の母親のリターンを記録した。政府がCovid-19ワクチン接種プログラムの展開を開始すると、感情が改善し、新しい症例の増加が緩和され、収益シーズンが予想よりも良くなると期待している。」

要約すると、1月13日に5つの州と3つの連邦直轄領でのみ実装され始めたMCO 2.0は、サラワクを除く全国に拡大された。MCO 2.0が毎週延長されると、マレーシア経済は推定40億リンギから50億リンギの費用が掛かる。

一方、アジアの株式はほとんどが高く、投資家はジョー・バイデン米大統領が共和党と会って提案された経済援助について話し合うことに明るい。

日本の日経225は0.97%上昇して28,362.17になり、香港のハンセン指数は1.23%上昇して29,248.70になり、中国の上海総合指数は0.81%上昇して3,533.68にとなった。

地元では、ヘビーウェイトのメイバンクが5セン上昇してRM7.86、トップグローブが28セン上昇してRM7.02、テナガが1セン上昇してRM9.66、パブリックバンクが11セン上昇してRM4.08となった。

アクティブなもののうち、Iris Corpは4センから39.5セン、EA Holdingsは半センから3セン、Trive Propertyは4.5センから20.5セン、Metronicは10センで横ばいだった。

インデックスボードでは、FBM Emasインデックスは56.62ポイント上昇して11,420.43になり、FBMT 100インデックスは64.18ポイント上昇して11,169.11になり、FBM EmasShariahインデックスは131.10ポイント上昇して13,001.96になった。

FBM 70は13.03ポイント上昇して14,760.37になり、FBMACEは288.021ポイント上昇して10,744.92になった。

セクター別では、金融サービス指数は71.09ポイント低下して14,392.97になり、プランテーション指数は62.98ポイント上昇して7,160.87になり、工業製品およびサービス指数は1.19ポイント上昇して170.38になった。

メインマーケットの出来高は、金曜日に記録された53.5億リンギの35.5億株から、34億4000万リンギの31.8億株に下落した。

ワラントの売上高は、RM79.26百万の4億2,253万ユニットに縮小しましたが、RM8,863万の5億9,450万ユニットになった。

ACE市場の出来高は、以前は9億2,186万リンギ相当の23.9億株に対して、8億6,944万リンギ相当の23.1億株に減少した。

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される3億9,787万株、工業製品およびサービス(11.4億)、建設(1億8,055万)、技術(5億625万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(1億9,863万)、不動産( 1億4,290万人)、プランテーション(2,982万人)、REIT(917万人)、閉鎖/資金(13,000人)、エネルギー(2億8,192万人)、ヘルスケア(1億4,563万人)、電気通信およびメディア(4,467万人)、輸送およびロジスティクス(6,780万人) 、およびユーティリティ(3,229万)

コメント

タイトルとURLをコピーしました