【マレーシア株式ニュース】マレーシア総合KLCIは、政策金利発表を機に1600ポイントを回復?

マレーシア株式関連ニュース

クアラルンプール、3月5日—マレーシア国立銀行が政策金利を1.75%に維持するという決定を受け銀行を含む株が支えられ、幅広い市場での慎重な感情の中で、主要指数は日中高値で終了した。ディーラーによると、原油価格の上昇も要因の1つであるとしている。

午後5時に、ベンチマークFTSEマレーシア証券取引所KLCI(FBM KLCI)は、昨日の終値1,581.26から18.86ポイント(1.19%)上昇して1,600.12に落ち着いた。

キーインデックスは1,582.26で1.42ポイント高く開き、その日の早い段階で1,579.74の日中安値に触れた。

ブレント原油は、石油輸出国機構(Opec)+の同盟国が減産を延長した後、1.24パーセント急上昇して67.96米ドルになりました。

総量は、昨日の96.3億リンギの53.7億リンギから、79.5億リンギの51.5億リンギに減少した。  

ヘビーウェイトの中で、トップグローブは29センをRM5.25に、パブリック銀行とCIMBはそれぞれ12センをRM4.35とRM4.49に、RHB銀行は18センをRM5.50に、ホンリョン銀行は26センをそれぞれRM5.50に引き上げました。 RM18.68。

Sime Darby PlantationはRM4.95で横ばい、TNBはRM10.34に6セン下落し、IHH HealthcareはRM5.33に14セン下落し、Press MetalはRM9.60に12セン下落し、MaxisはRM4.56に1セン下落した。 

アクティブなもののうち、Velesto Energyは1センを17.5センに、Bumi Armadaは3センを45.5センに、TH HeavyEngineeringは1.5センを13.5センに、SapuraEnergyは半センを15センに、SealinkInternationalは3センを21センとコマルコープは17.5センから43.5センとした。

インデックスボードでは、FBMエマスインデックスは74.59ポイント増加して11,695.26、FBMT 100は82.31ポイント増加して11,398.57、FBMエマスシャリーアは18.77ポイント増加して12,935.83、FBM ACEは13.73ポイント増加して10,407.99でしたが、FBM70は90.34を放棄しました。

セクター別では、工業製品およびサービス指数は184.84で0.34ポイント低下し、プランテーション指数は13.96ポイント拡大して7,163.42になり、金融サービス指数は265.09ポイント上昇して15,452.74になった。

メインマーケットの出来高は、昨日の58.1億株の45.8億リンギから、57.7億株の44.6億リンギにわずかに減少した。    

ワラントの売上高は、昨日の4億8,712万ユニットの8,364万リンギから、4億4,322万ユニットの9,473万リンギに減少しました。  

ACE市場の出来高は、33.3億株のRM709.20百万からRM594.34百万の17.8億株に減少した。  

消費財およびサービスは、メインマーケットで取引される8億448万株、工業製品およびサービス(14.0億)、建設(179.31百万)、技術(5,910億3000万)、SPAC(ゼロ)、金融サービス(2億2,179万)、不動産( 4億8,190万)、プランテーション(2,558万)、REIT(1億278万)、閉鎖/資金(23,500)、エネルギー(13.8億)、ヘルスケア(1億5,89万)、電気通信およびメディア(1億9,206万)、輸送およびロジスティクス(6,648万) 、およびユーティリティ(4,606万)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました