【マレーシア株式ニュース】MIDFは、タイのエアアジア再編計画の中で、エアアジアグループに対する「売り」の呼びかけ

マレーシア株式関連ニュース

マレーシア、4月28日— MIDF Amanah Investment Bank Bhdは、タイ・エアアジアのリストラ計画の中で、AirAsia Group Bhd(AAGB)に対する「売り」の呼びかけを繰り返しました。

AAGBは、グループの完全子会社であるAirAsia Investmentを通じてタイエアアジアの45%の株式を保有しています。

今日の研究ノートで、MIDFは、航空部門と空の旅の回復は2021年に徐々に行われると予想されているが、旅行制限が完全に解除されていないことを考えると、依然として困難な戦いであると述べた。

「私たちの呼びかけに対する主なリスクには、予想よりも早い旅行需要の回復、パンデミックの悪化、航空旅行に課せられたより厳格な移動規制命令、およびさらなるラウンドの株式資金調達が含まれます」と調査会社は述べました。

リストラの提案には、タイ・エアアジアの新規株式公開(IPO)、負債から株式への転換、転換社債の形での投資家ローン、および親会社であるAsia AviationPCLの現在のエグゼクティブチェアマンへの株式公開が含まれます。

「開示された詳細に基づいて、IPOの収益は潜在的にRM358.43百万に達し、追加の転換社債発行は最大RM409.5百万になると見積もっています」と述べています。

MIDFは、資金調達の進捗状況を追跡しているため、この時点でAAGBの目標株価を1株あたり21センに維持しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました